流れのままに今の想いを

落花流水

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
沈む
     ビルの谷間に光り輝く
     オレンジ色の夕日

     沈み行く今日を想う

     藍色の帳がこの身を包み
     とめどなく溢れる切なさは
     ただ遠くの空を見詰めさせる     

     叶えられる愛であれば
     愛しさに身を任せ
     君の元へ飛んで行くのに
     
     僕の心を躊躇わせるもの
     
     望むことすら叶わぬ夢
     瞬き始める星に似て
     この手に届かぬ小さな愛
     
     与えられた定め
     
スポンサーサイト

| 追憶 | 10:32 | トラックバック:0コメント:2
移り変わる
     静かに散り行く花びらに
     想いを込めてそっと見送る

     街路樹に咲くリラの花に
     嫉妬する心押さえながら

     季節は巡り移り変わる
     人の想い留められぬように

| 追憶 | 00:45 | トラックバック:0コメント:0
春のすきま
     君の零した涙に
     言葉を失くしたまま

     春風は冷たさを伴って
     二人の間を通り抜けて行く

     信じ合う心さえあれば
     想いは離れないなんて

     過去という世界に置いて来た
     微かな残り香と切なさが
     今も僕を苦しめる

| 幻想 | 23:17 | トラックバック:0コメント:2
音信不通
     届かぬ便り
     それが元気な証

     君はそう言って笑ってたよね

     拾い集めた想いの欠片
     それでも何かが足りなくて

     寂しさに目を潤ませながら
     小さく小さく呟く君に

     僕はなんて
     答えればいいの

| 幻想 | 23:35 | トラックバック:0コメント:2
浮遊
     定められた(えにし)なれば
     与えられた時の流れに
     ただ身をまかせる
     
     歩んで来た道程を
     振り返ってみても
     戻らぬ時間の中で
     悔いだけが一人歩きをする

     行き先を見失った心
     たどり着く場所を求めて
     春霞の中を漂う

| つぶやき | 11:03 | トラックバック:0コメント:0
再来
     長い長い冬を越えて訪れた春
     少しずつ少しずつ動き始める
     周りは明るく輝いているのに
     冷めて行く二人の心


     二人で作りあげてきたもの
     積み重ねてきたはずの想い
     こんなにも
     儚く崩れ去るものなのか
              
     まだ冷たさ残る春の風に
     花びら乗せて舞い上がる

     この情景を
     来年もまた
     眺めることは出来るのだろうか
     
     

| 幻想 | 10:20 | トラックバック:0コメント:6
望郷
     夕暮れの薄暗い空
     通い慣れた高速道路
     
     少し開けた窓から
     流れ入る温かな風

     見慣れたはずの景色
     空に舞い上がるAir plane

     心切なくなる想いは
     愛しき人の面影を重ねたから

| 幻想 | 23:00 | トラックバック:0コメント:2
| ホーム |

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

青夜

Author:青夜
     
 先の見えない路
 自分を信じて
 新たなる明日へ

 遠い過去の彷徨いや
 心のつぶやきを
 詩にしております。
 自分の想いが形を変え
 現実から逃避している部分も
 ありますので御容赦ください。

BGM 「solitude」

midiファイルを聞くにはプラグインが必要です。

BGM by 「Areyou」

カテゴリー
リンク
過去のログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。