流れのままに今の想いを

落花流水

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
一雫
     肌寒い朝
     窓辺に佇む君

     曇ったガラス窓
     指で書いた文字
     
     伝わり落ちる雫
     それは心の涙
スポンサーサイト

| 幻想 | 22:35 | トラックバック:0コメント:2
冬の煌めき
     街を彩るイルミネーション
     冷たく澄んだ夜空に映える
     
     地上を照らす月明かり
     天に輝く星の光
     今はそっと影を潜める
     
     師走のひと時を飾り
     愛を育む冬の煌めき
     
     
     


| 情景 | 17:31 | トラックバック:0コメント:2
     灯った一つの光
     
     大切にと願った心
     永遠にと祈った想い
     
     
     いや…
     違うよね
     
     きっと…
     怖かったんだよ

     舞い降りた雪が
     この手の中で
     消えてしまうこと

| 幻想 | 23:14 | トラックバック:0コメント:0
朽ち行く
     空に広がる灰色の雲
     ちらちら降りる白い雪
     
     寒い季節が訪れる
     全てを包む白い世界
 
     道端染める黄色い落葉
     風に乗って舞い上がる

     残余の時を楽しむように
| 情景 | 14:15 | トラックバック:0コメント:2
各々
     訪れる様々な希望
     満ち溢れる幸せの光
 
     散って行く数々の想い
     零れ落ちる愁嘆の涙

     遠い遠い未来
     再び廻り来る
     そう信じながら

     今は
     そっと手を離す

| 追憶 | 21:15 | トラックバック:0コメント:2
冷却
     頬に冷たい夜更けの風
     空の星だけが青白き光を放つ
     
     コートの襟を立て
     煙草に点す赤い炎
     温もりを求める心に
     深く沁み込む

     冷めた素振りは
     優しさの裏返し
     
     そんな洒落た男じゃないさ
     

| 幻想 | 20:46 | トラックバック:0コメント:0
日めくり
     一枚一枚消えて行く
     壁に掛かった日めくりのように
     
     少しずつ少しずつ
     心の中から零れてゆく


     願いを言葉にしたなら
     全てが消えてしまいそうで

     
     だから
     何も言わずに見守るよ

     最後の一枚が
     無くなるその日まで

| 追憶 | 23:05 | トラックバック:0コメント:4
落し物
     幸せの生まれる場所

     捜し求めた行き先は

     深く沈んだ心の中

| 幻想 | 10:22 | トラックバック:0コメント:0
木枯らし
     凍える空が近付く季節
     
     舞い散る落ち葉が
     運んで来た想い

     温もり分け合う
     仄かな時は
     
     やがて
     木枯らしと共に訪れる
     白き妖精によって
     埋もれてしまう

| 幻想 | 22:58 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

青夜

Author:青夜
     
 先の見えない路
 自分を信じて
 新たなる明日へ

 遠い過去の彷徨いや
 心のつぶやきを
 詩にしております。
 自分の想いが形を変え
 現実から逃避している部分も
 ありますので御容赦ください。

BGM 「solitude」

midiファイルを聞くにはプラグインが必要です。

BGM by 「Areyou」

カテゴリー
リンク
過去のログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。